カテゴリ:ご報告 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「亀山ののこ写真展 100人の母たち」ご来場誠にありがとうございました。

亀山ののこ写真展「100人の母たち」in四日市にご来場いただき誠にありがとうございました。
会場で書いていただいた短冊は、「100万人の母たち 七夕プロジェクト」に送付し、安倍首相に届けていただくようにします。

同じ場所で講演会をされていた宇都宮健児さんの会場で講演の最後に宣伝をさせていただいたおかげで沢山の方に来場いただきました。
そして、なんと宇都宮健児さんご本人にも来ていただきました!
「九条の会・四日市」の皆様ありがとうございました。

来場いただきました皆様、
会場で短冊を書いてくださった方、
会場の設営や片付けを手伝ってくださった方、
カンパしてくださった方、
誠にありがとうございました。

会場入口

スライドショー

ののこさん

宇都宮健児さん・田中さん

短冊


スポンサーサイト

【ご報告】 三重県へ提出した要望書について

昨日は「原発おことわり三重の会」と一緒に、それぞれの団体から要望書を提出しました。
当会が提出した要望書には、22団体から賛同いただき、誠にありがとうございました。
提出の3日前にお願いしたにもかかわらず全国からご賛同いただきました。
ご賛同いただいた皆様、情報拡散にご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

対応した県職員は「三重中央開発へ焼却の要請はしていない」と言っていましたが、
「三重中央開発で焼却の可能性があるのか」との問いに否定はしませんでした。

県職員は三重中央開発へことあるごとに出向いており、受入の可能性があることを示唆しています。
まだまだ予断を許さない状態であることに変わりはないと感じました。

昨日のことが本日の新聞各紙にとりあげられています。
以下、新聞記事です。


伊勢新聞 WebNews(2013年1月22日)
http://www.isenp.co.jp/news/20130122/news02.htm
【震災がれきの受け入れ反対 県に要望書提出 伊勢と伊賀の市民団体】
岩手県久慈市の震災がれきの受け入れをめぐり、市民団体「原発おことわり三重の会」(伊勢市、林琉昇代表)と「放射能ええかげんにせん会」(伊賀市、田中宏樹代表)は二十一日、県内での受け入れに反対する要望書を県に提出した。
要望書で両団体は、県が焼却灰の最終処理を要請している産業廃棄物処理業「三重中央開発」(伊賀市)が「本格焼却も含めて受け入れを想定している」と指摘し、「市外からの廃棄物の持ち込みは公害防止協定で禁止されている」と主張している。
両団体は、県庁で廃棄物対策局の担当者に要望書を手渡し、その後の記者会見で「震災がれきは放射性廃棄物なので、拡散はやめてもらいたい」と述べた。


毎日jp(2013年1月22日)
http://mainichi.jp/area/mie/news/20130122ddlk24040157000c.html
【東日本大震災:がれき処理、断念求め要望書−−県に2団体】
東日本大震災で発生したがれきの県内受け入れに反対する2団体が21日、伊賀市の廃棄物処理会社での処理断念を求める要望書を県に提出した。
「原発おことわり三重の会」(林琉昇代表、事務局・伊勢市)と「放射能ええかげんにせん会」(田中宏樹代表、事務局・名張市)の2団体。
市町が震災がれきを受け入れた場合、県は、市町の施設で処理された焼却灰の埋め立て処理を伊賀市の「三重中央開発」に依頼している。要望書で、昨年11月の伊賀市長選で初当選した岡本栄市長が「市内への震災がれき受け入れ拒否を表明している」などと指摘、「伊賀での処理方針を知事が取り下げないのは地方自治の本旨に反する」としている。


読売新聞(2013年1月22日)
県へ要望書(読売新聞20130122)


毎日新聞(2013年1月22日)
県へ要望書(毎日新聞20130122)


朝日新聞(2013年1月22日)
三重県へ要望書提出(20130122)



teishutsu20130121.jpg

市民団体の要望書を受け取る、災害廃棄物広域処理推進チームの平見副課長と春日井主査

三重県への要望書を無事に提出して参りました。

本日、無事に三重県に要望書を提出してまいりました。

ご賛同いただいた皆様、情報拡散いただいた皆様、

ご協力いただきまして誠にありがとうございました。


伊賀市へ震災ガレキ受入中止を早期に求める要望書を提出しました。

伊賀市内における震災ガレキ受入中止を早期に求める要望書を伊賀市役所へ提出して参りました。
要望書提出は、当会の他に、原発おことわり三重の会が提出されました。
提出の理由や要望内容につきましては、要望書に書かせていただいてますので、ご覧ください。
岡本伊賀市長はお忙しいとのことで、
伊賀市長の代理で対応いただいた環境政策部長と人権生活環境部長に
要望書を読み上げお渡ししました。
お願いした内容への回答期限を12月25日と記載しましたが、
25日まで議会があるので28日にしてほしいとのご返事でした。
また、提出の際には、新聞社が数社、取材に来てくださいました。
明日の新聞に掲載していただけるとのことです。

IMG.jpg
放射能ええかげんにせん会

原発おことわり三重の会
原発おことわり三重の会


要望書全文はこちらです    岡本伊賀市長への要望書

三重県6月補正予算(瓦礫予算)詳細

私達が公開請求し9月に三重県から入手した6月補正予算の詳しい内訳を公開します。

6月の補正予算7400万円は試験焼却をするまでにかかる試験焼却分析費、放射能測定費等、職員の旅費、伊賀市民10人を連れて行った久慈がれき視察旅行費(100万円)等が含まれています。

備品購入(車両・サーベイメーター等測定器)に1,294万円も使われていますが、黒塗りです。私達県民の血税をこんなことに使うのは許せません!

三重県は12月の補正予算に試験焼却の為の予算を出す可能性があります。私達市民が厳しく監視して、県に対して異議を申し立てていく必要があります。


三重県6月補正予算PDF

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。