2012年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ご来場の御礼(7/29木下黄太講演会in伊賀)

先日の木下黄太講演会に、遠い中暑い中、お越しいただきまして、誠にありがとうございました。

おかげさまで会場は満席となり、伊賀周辺の方々の意識の高さを感じました。

同じ思いの方々と今後ももっとつながっていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

7月29日(日) 【木下黄太講演会 in 伊賀】

伊賀市の皆様!
放射能汚染された震災がれきについて、そろそろ真剣に考えてみませんか?
伊賀の震災がれき・ 焼却灰広域処理問題解決のため、ネットで話題のジャーナリストが緊急講演!!
ただいま絶賛予約受付中です!
講演会の前日までにご予約いただきますと、料金が800円となります。
人気の講演会なので予約をオススメします!!


【木下黄太講演会in伊賀】

◆日時:7月29日(日)14:00~16:00 (13:30開場) (16:00~16:45意見交換)

◆場所:伊賀市文化会館(三重県伊賀市西明寺3240番地の2)
  http://www.bunto.com/hpdata/shisetsu/bunka/index.html

◆料金:当日1000円(予約800円)お子様は無料です。


◆予約・問合せ:TEL:050-3697-5533(ももた)
          メアド:eekagennisay@hotmail.co.jp

◆託児は今回設けていませんが、親子で講演会を聞いていただく部屋を別室にてご用意しています。そちらのお部屋で講演会の模様を聞いていただくこともできます。(モニタはありません) 尚、保護者の方がお子様と一緒にいてくださる方のご利用に限らせていただきます。ご了承ください。

◆主催:放射能ええかげんにせん会 
     http://eekagennisenkai.blog.fc2.com

放射能ええかげんにせん会発足!

各 位
「放射能ええかげんにせん会」会発足のご挨拶

この度、「放射能ええかげんにせん会」を発足する運びとなりましたことをお知らせ申し上げます。

当会は、会の名前通り、放射能が蔓延することとなったこの日本国の現状や
無責任な大人たちの対応に対して
「ええかげんにせんかい!」という思いで立ち上がりました。

三重県内でも特に瓦礫受入の可能性が高い伊賀名張を拠点に、現在は活動しております。

既にご存知だとは思いますが、鈴木英敬・三重県知事は、県下市町への瓦礫受け入れを進めるとともに、一民間企業である三重中央開発株式会社へ震災瓦礫の焼却灰を受け入れるよう要請し、未だに撤回はおろか、推進しているのが現状です。

この愚かな行為をやめさせる為、奇跡的に放射能汚染が少なかった三重県を、東海地方を、西日本を守る為、ここに住む我々三重県民だけでなく、東北、北関東に住む被曝リスクの高い人たち、何より子供たちを助け出すために、微力ですが、頑張っていく所存です。

当会の目指す活動は
① 瓦礫広域処理を白紙撤回させる。

② 瓦礫を利用した防潮堤の推進

③ 食品の放射能基準値の厳格化

(表示義務、罰則規定、第三者機関による強制捜査などの法律の整備。)

④ 給食室に食品放射線測定器を設置、給食の放射能測定の完全実施。

⑤ 市民放射線測定所の開設および適正運用。

⑥ 避難エリアの拡大、明確化。

  被曝リスクの高い地域からの避難者を支援、疎開、保養の促進。

⑦ 将来予想される被曝による病気の治療費、手術費の補助。

⑧ 全原発を即、廃炉工程に入らせる。

⑨ 原発禁止法の制定。
その他、気持ちは膨らむばかりです!まずは上記のことが実現できるように、講演会や勉強会、上映会、プチデモ、行政交渉、抗議行動、申し入れや署名活動、放射線測定や土壌調査。出来る事からボチボチと、コツコツと、ほんとに微力ですが、頑張ります。

今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
放射能ええかげんにせん会

代  表   田中 宏樹

事務局長  桃田のり子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。