FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【脱原発パレード四日市】を明日、開催します!

いよいよ明日、「脱原発パレード四日市」をやります!!
ぜひお越しください(^_^)/ (雨対策をしてきてくださいネ)

脱原発パレード四日市20130915


【日時】9月15日(日)14:30~
【場所】四日市市民公園(三重県四日市市安島一丁目92-4)
【タイムスケジュール】
 14時半~  ミニコンサート「宙(そら)」
 15時~   リレートーク
 16時頃~  繁華街へパレード
 17時半頃~ 解散予定(希望者で懇親会・パパゲーノ)
【主催】脱原発四日市市民の集い
【アクセス情報】
 近鉄四日市駅から徒歩5分です。
 (周辺の建物:アピタ、四日市市立博物館、四日市都ホテル、じばさん三重など)
 公園の駐車場はありません。周辺のパーキング情報はこちら
 http://www.mkyosho.co.jp/parking/info/facility_search/?facility=四日市
  ↓会場周辺の地図です
   地図

------------------------------------------------------------------------------------------------------
今なお続く福島の人びとの不安とかなしみを忘れず、国民の6割以上が原発ゼロを願っています。それでも、アベノミクスによる当面の景気回復に不確かな期待をかけて、7月参院選で、どこまでも原発依存を続けようとする自民党を大勝させてしまいました。今冬にかけて、政府と財界は一体となって、原発再稼働、核燃サイクルの再開、原発輸出、立地自治体の買収をふくむ「説得」に突き進むでしょう。「脱原発」は今や強い逆風のさなかにあります。
福島原発の事故の収束も賠償も、除染も廃炉の準備も、なによりも信じがたいほどの時間とコストがかかる核燃料廃棄物の最終処理のプランづくりさえも、いまだしなのに! いま原発回帰を許すのは、あまりにも視野が狭く短い経済性にとらわれた、明日の生活を顧みない選択にほかなりません。
 
原発を推進しようとする政財界の力に抗うには、私たちの示威行動はあるいは頼りなくみえるかもしれません。けれども、多くの人びとの切実な願いに根ざす正義の主張が、街頭であまねく、くりかえし叫ばれるなら、それはかならず政府や企業の政策に影響を及ぼす力になりえます。かつて札束を積んで芦浜に原発を設置しようとした試みを拒むことのできた三重県民の伝統に学びましょう。私たち四日市市民は今年もまた、明日のすべてのエネルギー政策の出発点は原発ゼロという、崩れない決意を表明しましょう。放射能事故の不安と想像を超える廃棄物処理のコストを、決して次世代に負わせないように! さよなら原発。今きっぱりと!9/15の市民行動に参加下さい! ご家族、ご友人、お知り合いの方々、老いも若きも、男性も女性も、どなたでもお誘い下さいますように!
------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。