FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「震災がれき 試験焼却を提案 伊賀南部組合 名張市長が住民代表に」(毎日新聞 2012.10.4より )

 亀井市長の暴走が止まらない!!
 協定書とびこえて試験焼却って何考えてるの!?

「震災がれき 試験焼却を提案 伊賀南部組合 名張市長が住民代表に」 (毎日新聞 2012.10.4 より)
東日本大震災で発生したがれきの受け入れ問題で、伊賀南部環境衛生事務組合(伊賀市奥鹿野)は3日夜、焼却施設周辺の住民代表に、がれきの試験焼却を提案した。住民側は関係地区に説明することを求めた。
県は岩手県久慈市から震災がれき2000トンの受け入れを表明。同組合は地元説明会を開いたが、住民は反発。周辺5地区は「名張市、旧青山地区以外のごみは受け入れない」との立地協定を根拠に受け入れを拒否している。
提案は、組合管理者の亀井利克・名張市長と住民代表らとの会合であった。焼却施設が立地する旧青山町ないの自治協議会員ら7人が出席した。亀井市長は会合後の取材に、「試験焼却の次の段階の話」として協定見直し提案はしなかったと答えた。

毎日新聞(2012.10.04)名張


スポンサーサイト
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.10.05 09:15 # [EDIT]
Re: 亀井市長 いいかげんにせんかい さま

コメントありがとうございます。

個人のお名前が記載されており、コメントを公開してもいいものか判断しかねましたので、非公開のままにしてあります。
地元を離れて暮らしている方にとっても、大切な故郷ですよね。ご心配だと思います。

> 住民の声を無視して震災がれきの償却受け入れは許せません。ほとんどの市町村でがれき受け入れは被災地処理を優先したことで広域処理は断念しています。

その通りですね。三重県の中でも手を降ろした市町がたくさんあるのに、伊賀名張は手を降ろしてくれません。
地元の人間がもっと反対の声をあげていかなければと思っています。
ですから、地元にいるご親戚、ご友人方々に、三重に運ぶ無意味さについても含まれる危険性についても、繰り返しお話ください。「亀井市長いいかげんにせんかい」さんの言葉だからこそ響く方たくさんみえるはずです!
これからも、どうぞよろしくお願いします。

2012.10.07 13:54 放射能ええかげんにせん会 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。