FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「震災がれき 安全確認へ試験焼却 伊賀南部環境衛生組合管理者」(読売新聞 2012.10.4より)

「試験焼却の場合は協定の変更は必要ない」ってなにその屁理屈ヽ(`Д´)ノ


【震災がれき 安全確認へ試験焼却 伊賀南部環境衛生組合管理者】(読売新聞 2012.10.4より)

東日本大震災で発生したがれきの広域処理問題で、名張、伊賀両市でつくる伊賀南部環境衛生組合の管理者を務める亀井利克・名張市長は3日夜、試験焼却rを実施したいとの意向を住民らに示した。「安全安心の確認のために実施したい」などと話した。
組合の焼却施設「伊賀南部クリーンセンター」(伊賀市奥鹿野)がある伊賀市旧青山町の住民代表を対象にした説明会で説明。
亀井市長によると、出席した住民側の7人に対し、「試験焼却をして、その資料を持って住民に説明したい」などと述べた。さらに組合と住民の協定では、「名張市と旧青山町以外のごみを受け入れない」などと規定されているが、亀井市長は「試験焼却の場合は協定の変更は必要ない」との考えを示した。時期については触れなかった。
住民からは「各地区の住民に説明してからにしたらどうか」などと意見が上がったという。

読売新聞(2012.10.04)試験


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。