スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

まだまだガレキ受入満々の鈴木英敬三重県知事(ーー;)

まだまだガレキ受入満々の鈴木英敬三重県知事。
選挙は民意だということがいまだに全く分かっていない。
こんな困った人が知事のままで三重県はこれからどうなるのか。
相変わらず予断を許さない状況に変わりはないようです。


【がれき受け入れ「説明したい」 新伊賀市長に知事】
2012年11月16日 中日新聞三重版

 鈴木英敬知事は15日のぶら下がり会見で、岩手県久慈市の震災瓦礫の受け入れ計画に関し、11日の伊賀市長選で初当選した岡本栄氏に「必要性と安全性をよく説明したい」と述べ、市長就任後にあらためて打診する考えを示した。
 岡本氏は当選後、震災がれきに関して「灰も含めて一切受け入れない」と明言している。県はこれまで、伊賀南部環境衛生組合の焼却施設での処理を検討し、住民説明会を開いてきた。伊賀市の廃棄物処理会社にも灰の受け入れを要請している。
 新市長は21日に就任する。鈴木知事は「まずは議論をしたい」と述べ、今後の話し合いに期待した。
 多気町が受け入れ断念を決めたことについて知事は「残念だ」と述べ「いろいろな方法を考えて推進に努力したい」と話した。

中日新聞(2012.11.16)【がれき受け入れ「説明したい」 新伊賀市長に知事】
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

まだまだガレキ受入満々の鈴木英敬三重県知事。選挙は民意だということがいまだに全く分かっていない。こ

2012.11.21 07:58 まっとめBLOG速報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。